渡辺眞伍_1.JPG
渡辺眞伍_上半身
渡辺眞伍_全身

渡辺 眞伍  Shingo Watanabe

【プロフィール】

生年月日:1988.03.05

出身地:東京都世田谷

血液型:A型

身長:169cm

サイズ:B 84  W 75  H 90  S27.0
趣味:映画・音楽鑑賞、犬の散歩
特技:ピアノ演奏、ドナルドダックの声真似

資格:声優検定3級、スキー&スノーボード準2級

​最終学歴:東京音楽大学 映画放送作曲科コース

 

-主な経歴-

略歴

作曲家である祖父 渡辺宙明と父 渡辺俊幸の影響もあり、東京音楽大学にて映像音楽の作曲を学ぶ。大学卒業後、ポール・ギャリコ作「スノーグース」や、梨木香歩作「西の魔女が死んだ」を題材とする、宇井孝司演出の朗読音楽劇の作曲と、ピアノ演奏を担当。数々の音楽制作やピアノ演奏のサポートに携わる。

音楽の道を断ち、社会を学ぶため、自分自身を磨くために、スターバックスコーヒージャパンへ入社する。日々自問自答する中、29歳の秋に声の世界で生きて行くことを決意。2017年9月に堀川亮氏が学院長を務める「インターナショナルメディア学院」へ入所。約1年間に渡って、発声・活舌・演技を学ぶにつれて、ナレーションや外画の吹替にも興味があることに気付く。

2019年よりナレーター、舞台演出家である西村長子氏に師事。改めて演技と発声を学ぶ。2020年11月より公開された、連続ラジオドラマ小説「FRANKEN AI’s」のプラネタリウムナレーター役に抜擢。RADIO365のゲストとして出演した際に、プロのラジオパーソナリティに興味が出る。2021年2月よりラジオパーソナリティ養成講座を受講、現在に至る。

<声優>

・2020年11月 連続ラジオドラマ小説 「FRANKEN AI’s」 プラネタリウムナレーター役

                       

ボイスサンプル